仙台の七夕

仙台でアートに触れよう♪美術館やアートスポットを紹介

仙台市内には芸術鑑賞ができるスポットがいくつかあります。特におすすめの、せんだいメディアテーク、仙台県立美術館、仙台市博物館についてその見どころや詳細情報を紹介していきます。

せんだいメディアテーク

せんだいメディアテークは、ギャラリー、図書館、映像センター、視聴覚障害者への情報提供などさまざまな機能を併せ持つ複合施設になります。

せんだいメディアテークの詳しい情報

仙台のメインストリートのひとつである、定禅寺通り沿いにありますのでアクセスもしやすいでしょう。

JR仙台駅からは車で約7分、地下鉄勾当台公園駅から徒歩5分、最寄りのバス停から徒歩1分と、どの交通手段を使っても比較的便利です。

全面ガラス張りのおしゃれな建物は、いろいろなお店が集結している定禅寺通りの中でもひときわ目立つ存在です。

せんだいメディアテークのみどころ

せんだいメディアテークを手掛けたのは著名な建築家ですので、その建物を見るだけでも一見の価値があります。

また、デザイン性だけでなく実用性にも優れた点が多々ありますので、観光客だけでなく地元民の利用者も多いのが特徴です。

ガラス張りの建物の中からは、美しい定禅寺通りの並木道を眺められるようになっており、カフェでほっと一息つくこともできるのです。

東北を中心に活躍するアーティストたちの作品が展示されていますので、それらを鑑賞するのもまた、楽しいでしょう。

さらには、1階にあるオープンスクエアでは展覧会、ジャズ、クラシック音楽といったライブが頻繁に開催されています。

仙台県立美術館

仙台県立美術館は宮城県美術館と呼ばれる県立の美術館です。

美術館の詳しい情報

宮城県美術館へのアクセス方法は幾通りかあります。公共交通機関を利用するときは、バスや地下鉄が便利です。

仙台市営地下鉄東西線の国際センター駅から、約7分、川内駅からも約7分で到着します。

また、バスを利用した際は最寄のバス停から徒歩3分です。駐車場は普通自動車を100台駐車できるようになっていますので、車の利用も問題ありません。

宮城県美術館の魅力

宮城県美術館の魅力のひとつが、常設展と特設展があることです。常設展では日本や海外の作品を中心に展示しており、有名な作品もいくつかあります。

また、特設展ではさまざまなテーマをもとに行われており、特設の時期を狙って訪れる観光客や地元民も少なくありません。

ゆったりとアートを鑑賞できることも、魅力のひとつでしょう。海外の美術館などは館内が広すぎて、全ての展示品をじっくりとみるのに時間がかかることがあります。

その点、宮城県美術館はそれほど大規模な美術館ではありませんので、2時間ほどでほぼ館内全てのアートを楽しむことができるのです。

また、館内にはカフェもありますので、カフェでのんびりとお茶をしたり、旅の疲れを癒したりできます。

仙台市博物館

仙台城三の丸跡にある博物館になります。観光スポットとして有名な青葉城址を訪れた際に、見学する観光客も多いです。

仙台市博物館の詳細

仙台市博物館を訪れるときは、週辺に駐車場が完備されていませんので、公共交通期間を利用するのが便利です。

地下鉄東西線の国際センター駅からは徒歩1分、バス停からは徒歩3分という好立地にあります。

休館日は月曜日ですが、月曜日が祝日に該当した場合は、翌日の火曜日が休みになりますので、訪れる際は休館日をチェックしてから出かけるようにしましょう。

仙台市博物館の見どころ

伊達政宗公から寄贈された文化財を中心に、仙台の歴史、美術、文化に関する展示品が鑑賞できるようになっています。

常設展では約1000点が置かれていますが、年に3〜4回開催される特別展や企画展も人気があり、大勢の人が訪れることがあります。

また、館内にはレストランやミュージアムショップなどもありますので、疲れた時に食事やお茶をしたり、お土産を購入したりすることもできます。

神社やパワースポットも仙台にはたくさんありますよ。>>仙台の神社仏閣の魅力とパワースポットを紹介します